【サッカー人気2位】【山雅探報】これからの松本山雅を本気で…

RYUKYU SOCCER PRESS

2021.10.9 明治安田J2 第33節:ヴァンフォーレ甲府戦後、風間宏希選手会見・質疑応答全文 #fcryukyu

 

【2021明治安田生命J2リーグ/第33節/2021年10月9日14:03キックオフ/JIT リサイクルインク スタジアム/入場者数 4,419人 ※新型コロナウイルス感染予防対策のため、制限付き(入場者数上限「10000人以下」又は収容率「50%以下」)での試合開催/晴、弱風、気温 29.6℃、湿度 34%/全面良芝】

 

甲府 1-0 琉球

得点者:
13分 宮崎 純真(甲府)

 

 

甲府戦後、風間宏希選手 質疑応答

 

 

【記者陣質疑応答】

 

――今節の甲府戦。後半開始と同時に上里一将と代わっての出場となりました。

前半ベンチから見ていて終始圧倒的に甲府に攻められ続けディフェンスもきつそうだったし、見ていてテンポが遅いなと思っていたので、後半から入ると告げられてからはとりあえず僕がボールをたくさん(ボールを)受けてテンポを出し、相手を走らせ、それでスキあれば裏を狙おうと思っていました。ある程度前半よりかは持てたかなとは思いますけど、やっぱり最後の(シュートの)ところ。チャンスはちょっとはありましたけれど、もっと作らなければいけないなと思っています。

 

――後半こそボールを握る時間は作れていたものの、なかなかチャンスが作れなていない状況を改善するためには何が必要だと感じていますか。

(残り 589文字/全文: 1159文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ