【サッカー人気5位】【どなたでも観られます!】浦研+『浦和…

RYUKYU SOCCER PRESS

2021.10.9 明治安田J2 第33節:ヴァンフォーレ甲府戦後、福井諒司選手会見・質疑応答全文 #fcryukyu

 

【2021明治安田生命J2リーグ/第33節/2021年10月9日14:03キックオフ/JIT リサイクルインク スタジアム/入場者数 4,419人 ※新型コロナウイルス感染予防対策のため、制限付き(入場者数上限「10000人以下」又は収容率「50%以下」)での試合開催/晴、弱風、気温 29.6℃、湿度 34%/全面良芝】

 

甲府 1-0 琉球

得点者:
13分 宮崎 純真(甲府)

 

 

甲府戦後、福井諒司選手 質疑応答

 

 

【記者陣質疑応答】

 

――失点した場面について。

簡単にミドルシュートを打たせてしまったというところで、カットインで入ってこられたときについて行くことも大事であるのと同時に、次誰が出てくるのかといところでボランチが出るのかセンターバックがでるのかというところをもうちょっと整理しないと、ああやって良いシュートを打てるチームだと失点してしまうなと、プレーしながらそう思いました。

 

――下からボールをつなぐサッカーを演じる上でハイプレスを受ける形も見られ、思うように運べなかったという感覚はありましたか。

(残り 798文字/全文: 1284文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ