【サッカー人気1位】これは成功体験か、失敗体験か カップ戦…

RYUKYU SOCCER PRESS

☆無料掲載 【速報】FC琉球・2022シーズン新体制発表記者会見

 

写真:今季のチームスローガンのパネルを掲げる倉林会長

 

FC琉球は13日、22シーズンの新体制発表記者会見をZOOMを活用したオンラインにて行い、福村貴幸、中川創、大森理生、中野克哉、大本祐槻、武沢一翔、野田隆之介、草野侑己の新加入選手8人と喜名哲裕監督、そして経営陣が揃い実施した。

 

はじめに、小川淳史取締役社⻑が「コロナの猛威を奮っている状況のなか、全員の心をひとつにして乗り越えて、チームとしても当然J1を目指す。上を目指す。地域のため、沖縄の宝になるように成長していきたい」とあいさつ。

続いて倉林啓士郎代表取締役会⻑が今年のチームスローガン【One Ryukyu 琉球一心】を発表。「クラブ創設以来の悲願であった練習拠点とクラブハウスが今年完成する。選手スタッフはもちろん、地域と一体となって一つの心『One Ryukyu』を大事にして戦っていくという意味を込めた」と語った。

今シーズンにチーム編成について廣﨑圭代表取締役副社⻑兼スポーツダイレクターは「(J2昇格後)発表は4度目となるが、年々力強い選手・スタッフ陣を担えている。喜名監督を筆頭に上位を目指して突き進んでいきたい」と話した。

 

昨シーズン途中から指揮を執り、2年目となる喜名哲裕監督は「目標はJ1昇格。ここ3シーズンを見ると(昇格ラインは)勝点84なのでそこに向けて挑む。そしてプレーオフも視野に入れながら戦っていきたい。コレクティブかつアグレッシブに魅力的なサッカーで戦い抜く」と意気込みを語った。

 

そして新加入選手挨拶が行われ、「チームが掲げる目標を達成できるように一生懸命頑張る」(福村)、「やるからには昨年より良い順位を目指してチームの力、そして自分の力を証明できる一年にしたい」(中川)、「(FC東京から)期限付き移籍でもやることは変わらないし、琉球の一員として戦うことは変わらないので、熱く全力で戦う」(大森)

「FC琉球の勝利に一試合で多く貢献できるように活躍したい」(中野)、「僕と必要としてくれたことに感謝してますし、いただいたチャンスを無駄にしないように精一杯頑張る」(大本)、「日々の練習から多くのことを学び、アグレッシブさや戦う姿勢を見せるところを少しでもピッチで表現できるよう、FC琉球の力になれるよう頑張る」(武沢)

「みんなと切磋琢磨して、いい争いができように頑張っていきたい」(野田)、「点を取るためにやってきた。たくさんの勝利を届けたい」(草野)、とそれぞれが気持ちを声にした。

 

その後記者陣質疑応答が行われ、新体制発表記者会見は終了した。

※会見の全文は本サイトにて後ほど公開する予定です。

 

また会見に先立ち、選手登録30選手の背番号がチームより公開された。

GK
1 ダニー・カルバハル
17 積田 景介
26 田口 潤人
31 猪瀬 康介

DF
2 福村 貴幸(東京ヴェルディから完全移籍)
3 村瀬 悠介
4 岡﨑 亮平
5 山下 令雄
6 金井 貢史
7 田中 恵太
9 李 栄直
14 沼田 圭悟
22 上原 牧人
27 中川 創(ジュビロ磐田から期限付加入)
28 大森 理生(FC東京から期限付き加入)
8 池田 廉
10 富所 悠
11 中野 克哉(京都サンガF.C.から完全移籍)
13 清武 功暉
15 大本 祐槻(アルビレックス新潟から完全移籍)
20 上里 一将
25 武沢 一翔(東京学芸大学から新加入)
32 澤田 将

FW
16 阿部 拓馬
18 野田 隆之介(京都サンガF.C.から完全移籍)
19 草野 侑己(横浜FCから期限付き移籍)
21 上原 慎也
23 シティチョーク パソ(タイ・チョンブリから期限付き延長)
24 ヴィニシウス ドスサントスブラジル(ブラジル・ナシオナルSPから期限付き延長)
29 人見 拓哉(AC長野パルセイロへの期限付き移籍から復帰)

 

取材・編集:仲本兼進(RYUKYU SOCCER PRESS)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ