【サッカー人気3位】岩尾憲「久しぶりのスタメンで後悔をしな…

RYUKYU SOCCER PRESS

2季目を迎える喜名体制。8人の新加入選手が登場し、2022シーズン FC琉球・新体制発表記者会見【コメント全文】

 

写真:オンライン会見に登壇した喜名哲裕監督と、8人の新加入選手

 

FC琉球は13日、22シーズンの新体制発表記者会見を実施。福村貴幸、中川創、大森理生、中野克哉、大本祐槻、武沢一翔、野田隆之介、草野侑己の新加入選手8人と喜名哲裕監督、そして経営陣が揃って行われた。当初は記者会見場にて報道陣を集めて行う予定だったが、感染が拡大している新型コロナウイルスの影響により急遽オンラインでの開催となった。

会見は⼩川淳史取締役社⻑のあいさつから始まり、2022シーズンスローガン発表、新体制紹介、喜名哲裕監督による新シーズンへの意気込み、 新加⼊選⼿あいさつ、そして記者陣との質疑応答という流れで行われた。

 

 

【⼩川淳史取締役社⻑あいさつ】

FC琉球の小川でございます。本日はオンラインでの会見となってしまって申し訳ないのですがご参加いただきありがとうございます。

昨シーズンFC琉球は、(新型コロナウィルスの影響により)沖縄が厳しい状況にありましたけれども、「沖縄とともに強くなる」というクラブ理念のとおり過去最高順位(9位)で終えることができました。

今年もスタートからコロナが猛威を奮っている状況ではありますが、全員の心を一つにして何とか乗り越えて、チームとしても喜名監督のもと(順位を)一つでも二つでも三つでも、当然J1を目指してというところで上を目指していくとともに、クラブとしても沖縄のため地域のため、そして沖縄の宝となるように謙虚におごることなく成長していきたいと思っています。どうぞ今シーズンもよろしくお願いいたします。

 

 

【倉林啓士郎代表取締役会長による今シーズンのチームスローガンの発表】

2022シーズン、FC琉球のチームスローガンは『One Ryukyu  琉球一心』です。

コロナで沖縄県もクラブも苦しい状況が続いていますが今シーズン、FC琉球のクラブ創設以来の悲願であった練習拠点、クラブハウスが八重瀬町に完成します。今まで以上に選手スタッフはもちろん、地域と一体となってOne Ryukyu、一つの心を大事にして戦っていきたいと思っています。そのような意味を込めました。

 

 

【廣﨑圭代表取締役副社⻑兼スポーツダイレクター(以下、SD)から今季新体制の紹介】

私から今シーズンの選手・スタッフの体制を発表させていただきます。(J2昇格後)このような形で発表させていただくのがこれで4度目となります。年々力強い選手・スタッフ陣を担ってきております。ぜひ期待をしていただければと思います。

選手は新加入選手が8名、残留選手が22名で30名体制でスタートします。スタッフも数多く新任の方々が来ていただいて、フレッシュな状態で昨年の過去最高順位の9位を上回ること。それはすなわちJ1昇格により近づくということ。それを目指し頑張ってまいります。

スタッフは昨年終盤8試合を指揮した喜名哲裕監督を筆頭にやっていきます。また、ポストが空いていたヘッドコーチには徳島ヴォルティスのユース監督を務めていた倉貫一毅氏に来ていただきました。そしてドゥダコーチが継続。GKコーチは南風原(一士)氏、フィジカルコーチに田中(等志)氏が新任となります。分析は昨年に引き続き安部(悠平)コーチが務め、選手を毎日指導します。

トレーナー陣は新しく榊山(伸夫)、武江(竜輝)の2名が入り、前田(裕章)をリーダーに進めていきます。ドクター陣も島川(朋亨)と新任の稲福(全人)、新庄(琢磨)を含めて3人体制で。マネージャーは加藤(匠)が引き続き選手のサポートをしていただきます。

選手は、GK4名。昨年と同じメンバーとなります。DFは11人で、(背番号)2番の福村貴幸が東京ヴェルディから加入しました。またジュビロ磐田から27番・中川創、FC東京から28番・大森理生が期限付き加入となります。二人とも相手クラブから成長を期待し経験を積むというところでうちに来ていただき、しっかりポジション争いをしてもらいたい。昨年琉球は過去2年よりも守備が安定して戦えたので、さらに新しい力が加わって、良いDFラインを形成してくれると思っています。

中盤は登録8人。昨年2年目で活躍した池田(廉)は番号を代えて8番となりました。11番の中野克哉は京都サンガF.C.から、15番の大本祐槻はアルビレックス新潟から完全移籍で加入となります。そして25番の武沢一翔は関東大学リーグ2部の東京学芸大から加入してくれました。

FWは新加入が2名。18番の野田隆之介が京都サンガF.C.から完全移籍。そして19番の草野侑己は昨年横浜FCからのレンタルでレノファ山口FCでプレーしていましたが、今年は横浜FCからうちへ期限付き移籍となります。あわせて人見拓哉がAC長野パルセイロへのレンタルから復帰します。

それぞれのポジションでベテランと若手バランス良く、またチームの色を変えてくれるような新加入選手も揃い、昨年よりも成績を上げられるようFC琉球らしいサッカーで上位を目指して進んでいきたいと思っております。

 

 

【喜名哲裕監督あいさつ】

今シーズン監督を務めさせていただきます喜名です。

目標としてはフロントからも話があったようにJ1昇格。ここ3シーズンの(昇格)ラインが勝点84なので、そこに向けてしっかり挑みたいと思いますし、今シーズンに関してはプレーオフもあるので、そこも視野に入れながら今シーズンを戦っていきたいと思っています。

(残り 4514文字/全文: 6789文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ