【サッカー人気4位】「(自身の成長を感じる部分は?)ボール…

RYUKYU SOCCER PRESS

東京学芸大から加入のMF武沢一翔「運動量、どんどん前に出ていく姿勢、切り替えの早さでは本当に負けたくない」【新加入選手インタビュー】

 

■MF25 武沢 一翔(たけざわ・かずと)
茨城県出身。1999年10月27日生まれ。22歳。166cm/64kg
桜南ファイターズSC→鹿島アントラーズつくばジュニアユース→鹿島アントラーズユース→東京学芸大学蹴球部

 

 

--昨年も練習生として顔は見ていましたが、琉球でプロになってあらためて沖縄の地に足を踏み入れた率直な気持ちを聞かせてください。

1月に入ってから練習に参加して、まだあまり日数も経ってないのでそこまで実感があるかって言われるとまだかなっていう感じなんですけど、でも最近ボールを入れた練習も増えてきて、強度の高さや質の高さっていうのを日々感じるなか、「やっぱプロは違うな」っていうのを感じているところです。

 

--感じるチームの雰囲気は、練習生のときと比べて違いはありますか。

練習生のときはもう本当にただただ全力でっていう感じだったんですけど、今実際プロになって責任というか、しっかりプロとしてやっていくというところでの覚悟というのが本当に周りの選手と比べてまだまだ違うなっていう感じです。やっぱり自分もその覚悟であったり責任というところを高めていかなかくちゃいけない。でも本当に今やる気に満ち溢れてるしやるだけだと思っているので死ぬ気で頑張ります。

 

(残り 2419文字/全文: 2974文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ