【サッカー人気2位】旅の途中、それが積み重ねの一部なのか予…

RYUKYU SOCCER PRESS

大本祐槻「サポーターが待ちわびる『ホーム初勝利』を必ずやり遂げる」【インタビュー】

 

--前節2-0で勝利したアウェイ・熊本戦を振り返り。

まず90分間通じて間違いなく相手に主導権を握られながら進んだ試合でした。ただその中でも、自分たちがボールへ寄せる選手であったりだとか、最後の球際の部分であったり、そういうのを90分間切らさずやり続けて、(田口)潤人のセーブももちろんありましたけど、チーム全体で失点しないための守備を90分間できたと思います。それとプラスして、やっぱりカウンターからの決定機の部分で(草野侑己と上原慎也の)FW陣がしっかり決めてくれました。この試合は割り切って、こういう試合展開になるということもおおよそわかっていたので、そこで無失点に終われたのがひとつ。そしてしっかり決めきるところを決めきれるようになったというところで、5連戦の最後の試合でしたけどしっかり成長できたんじゃないかなと思います。

 

--序盤から相手に押される状況はあったもののそれは想定内であり、だからこそ焦らずに対応できた。

相手は前からプレスが来るっていうのもわかってましたし、ボールを繋いでくるってこともわかってました。自分たちもそんなに失点する感じもなかったですし、焦りはあんまりなかったです。

 

(残り 2196文字/全文: 2713文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ