【サッカー人気1位】すべてはジェフユナイテッドライフを謳歌…

仙蹴塵記

キックが冴えるパラ。だからこそ、戦術理解を深めたい

16日のJリーグYBCルヴァンカップで浦和に2-5の敗戦を喫し、仙台にとっての2020シーズンの公式戦日程は苦い幕開けとなった。22日に初戦を迎える明治安田生命J1リーグ戦こそはいいスタートを切ろうと、チームは準備を進めている。
浦和戦に途中出場し、翌17日の練習試合・仙台大学戦でもプレーしたパラも、次こそ結果を残そうと燃えている。昨季は永戸勝也がレギュラーだった左SBで、穴を埋める以上の活躍が期待される新戦力だ。

(残り 961文字/全文: 1169文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック