【サッカー人気1位】城福浩監督の退任に寄せて。

仙蹴塵記

仙蹴塵記×KAWAJIうぉっち ベガルタ放談:「リーグ全体から見たベガルタ仙台」その3

【仙蹴塵記】と「日本サッカーと世界をつなぐ新感覚マガジン」【KAWAJIうぉっち】との共同企画として、「リーグ全体から見たベガルタ仙台」というテーマの放談をお送りしております。
第3回では、リーグ戦やカップ戦での仙台の目指すところ、そして前線の話題に移ります。

その2はこちら

河治 仙台には誰でもわかるようなスター選手はそういないかもしれないけれど、粒ぞろいなんですよね。今はサブに回っている選手でも、チーム力に大きな差を生じさせることなくプレーできる力があるし、木山さんはしばらく誰を中心にするのか難しいでしょうね。
過密日程に対応するには、いいことだと思います。でも、戦術を落としこんで連戦に臨むときに、中三日、中三日、といくと、完全なターンオーバーは難しいところもあるかもしれません。サブにも実力が接近した選手がいて、それをどう組み合わせるのか仙台の悩みどころかな。

板垣 ポジションごとに、戦術理解に差があるかもしれないな、と開幕2戦では感じました。それはけがなどの人の出入りがあったからなので、しょうがないのですが。

(残り 1383文字/全文: 1840文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ