【サッカー人気1位】12年ぶりの6失点 柴戸海が改善すべき…

仙蹴塵記

【練習場から】前々節は蜂須賀孝治と石原崇兆が先発。前節は飯尾竜太朗と柳貴博。競争の激しい両サイドバック

明治安田生命J1リーグが再開してから、いきなり2週間で3試合を戦うベガルタ仙台。その3試合目となる第4節・横浜FC戦を前に、練習が報道陣に公開された。中三日での試合が続く中、木山隆之監督はここまでの二試合では大きく選手を入れ替えながら進めてきた。再開後の日程が発表された時点で厳しい試合間隔であることを覚悟し、また中断期間に練習試合をあまり組めなかったことから、まずこの三試合は「選手を入れ替えながら、まずはチームの底上げを含めてやっていくというスタンスで考えていました」と明かす。

(残り 1047文字/全文: 1288文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック