【サッカー人気5位】首位独走の川崎をいかに止めるか【練習レ…

仙蹴塵記

【この瞬間から】明治安田生命J1リーグ第6節川崎F戦 30分

今回は、先制点のシーンを取りあげる。
明治安田生命J1リーグ再開後の4戦におけるベガルタ仙台ではウイングの選手によるゴールが続き、前節はMFの椎橋慧也のゴールが加わった。そして今節は、センターFWの長沢駿と、インサイドハーフの道渕諒平がそれぞれ2020シーズン初ゴールを記録。得点数や得点者が増えてきたことに加え、得点のかたちが増えてきたことも今後に向けて明るい材料だ。

(残り 1230文字/全文: 1457文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック