【サッカー人気4位】Jクラブはそろそろどれくらい大変なのか…

仙蹴塵記

【練習場から】奮闘する門番ヤクブ・スウォビィク。「チーム全体での守備」を実現するために

ベガルタ仙台は13日の明治安田生命J1第16節・大分戦に大敗し、3連敗。ホームで勝てないまま、前半戦最後の試合を迎えようとしている。勝利数もわずかに2。第17節・FC東京戦では、敵地で上位を相手にする厳しい試合だが、流れを変えるための結果がなんとしても欲しいところだ。

必勝を期すこの試合を前にした練習が16日に報道陣へ公開されたが、コーチングスタッフからの連絡で急遽後半部分が非公開に変更された。木山隆之監督は練習前に内容を変更し、「FC東京戦に向けた準備を完全にオープンにするのは難しかった」と説明した。入念な対策のもと、暫定3位・FC東京との戦いに挑む。

(残り 873文字/全文: 1152文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック