【サッカー人気1位】【聖籠ノート】~信頼回復に向けて~

仙蹴塵記

【この瞬間から】明治安田生命J1リーグ第17節 FC東京戦 ハーフタイム


なかなか結果が出ず、また、けが人が多く、さらにFC東京から期限付き移籍中の柳貴博が契約上の理由から出場できない。この難しい状況で木山隆之監督が明治安田生命J1リーグ第17節・FC東京戦で試みたのが、スタートから3-4-2-1を採用することだった。結果が出なかった以上この策の評価は厳しいものとせざるを得ないが、苦しんだ前半から後半にかけて修正できたところもあった。今回は、その契機になったハーフタイムについて注目したい。

(残り 1368文字/全文: 1606文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック