【サッカー人気4位】リスクとチャレンジのバランスが良化。ホ…

仙蹴塵記

【練習場から】復帰の佐々木匠、2017年以来の札幌ドームを目指す

明治安田生命J1リーグ戦で9戦勝ちなしの6連敗と苦しい状況にある、ベガルタ仙台。こういうチームには、新たに台頭して刺激を加える存在が必要だ。自身の不調を脱した者、けがから復帰した者、新しいプレーの武器を編み出してチーム内競争で浮上する者……どんなかたちでもいいから、停滞中のチームを上向きにできる存在が一人でも多く出てくることが望まれる。

佐々木匠は、そのような存在になることはできるか。彼は開幕当初は公式戦で2試合連続先発出場を果たしたが、長い中断期間を経た再開後の試合では、8月12日のJリーグYBCルヴァンカップグループステージ第3節・C大阪戦の先発出場が最後。それから左足を痛めてしばらく別メニューが続いていた。だがけがから回復すると、リーグ戦前節のC大阪戦でベンチ入りした。この時は出番がなかったため、復帰後初出場を次節の札幌戦で狙う。

(残り 798文字/全文: 1170文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック