【サッカー人気3位】WEリーグのパートナーシップを企業側と…

仙蹴塵記

明治安田生命J1リーグ第24節・名古屋戦。ミスとどのように付き合うのか

厳しい。ベガルタ仙台は明治安田生命J1リーグ戦で13試合連続勝利がなく、前節の浦和戦についていえば0-6と大敗を喫してしまった。次節の相手・名古屋は暫定5位の強敵であり、しかも仙台にとっては前節に続くアウェイゲームだ。

そうでなくとも、現在ピッチ外のところ、経営危機や選手の不祥事で仙台は揺れている。こうした中では試合を成り立たせるだけでも一苦労だが、現場にいる選手やスタッフは、既に組まれている試合日程から逃げることはない。

その上で前節の大敗からいかにして立ち上がるか。報道陣に公開される予定だった21日の練習が非公開になったので戦術練習のポイントは不明だが、前節のフィードバックと名古屋相手の注意点ということで言えば、ミスとの付き合い方が重要になりそうだ。

(残り 840文字/全文: 1169文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック