【サッカー人気3位】「ウイング天国ニッポン」を象徴するJリ…

仙蹴塵記

明治安田生命J1リーグ第25節・広島戦。次のヒーローは誰なのか、何人いるのか


中二日での試合が続く。これがホームゲームなのが何よりの救いだ。確かにベガルタ仙台は明治安田生命J1リーグ戦を24試合終えてもホームゲームでの勝利がない。だが、顔を上げて戦うため、チームを支えるサポーターがいるユアテックスタジアム仙台で戦えることは彼らにとって心強いものだ。
だからこそ、ホーム初勝利が欲しい。
28日のJ1第30節・神戸戦で0-2の状況からすぐに1点を返した長沢駿は言う。「この人たち(サポーター)のため、仙台のために、もっとアグレッシブに戦っていい結果を報告できるようにやっていかなければいけない」。その気持ちをなんとしても結果につなげなければならない。

(残り 819文字/全文: 1103文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック