【サッカー人気1位】【維新の風】渡邉晋監督の基本システムか…

仙蹴塵記

【練習場から】センターFWでもウイングでも、得点感覚を研ぎ澄ませるアレクサンドレ・ゲデス

試合間隔が短い日程が続く。今季のベガルタ仙台は負傷者が多かったこと、そして代わる代わる出たメンバーも短い準備期間で戦術練習の時間をなかなか取れなかったことが重なり、中二日や中三日の時期には特に苦労することが多かった。しかしこの終盤戦にきて負傷者が少しずつ戻ってきて、試合内容が向上してきている。苦しんでいた時期とは違う、ということを示すためにも、内容と結果の伴った試合に向けた準備をチームは進めている。

(残り 1184文字/全文: 1385文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック