【サッカー人気1位】課題になる作りの“コストダウン” 水を…

仙蹴塵記

その前の足跡から(2)アピアタウィア久


大学サッカーの日本一を決める大会「#atarimaeni CUP サッカーができる当たり前に、ありがとう!」には、2021シーズンからベガルタ仙台でプレーする選手たちが実に4名参加し、大学生活最後の舞台で戦った。3回戦まで進出した流通経済大学には、アピアタウィア久と加藤千尋が在籍。うち、既に2020シーズンにJFA・Jリーグ特別指定選手として明治安田生命J1リーグ公式戦の経験を積んだ、アピアタウィアの歩みを振り返る。

(残り 1258文字/全文: 1466文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ