【サッカー人気3位】戦い方の変更と闘志の大切さについて

仙蹴塵記

【練習場から】キャンプ中盤での、松下佳貴の手応えは?

ベガルタ仙台は宮崎県延岡市での第2次キャンプを非公開の練習試合で締めくくり、16日からは宮崎市で第3次キャンプに入っている。今回は、その前に、キャンプ中盤の延岡の段階でつかんでいた手応えについて、松下佳貴の談話をお伝えしたい。

11日に行われた2部練習のうち、午後には戦術練習メニューが組まれていた。内容は、6人ほどのグループでの連係確認から、実戦と同じ11人での連係で攻撃と守備の動きを反復するものまで様々。けが人もなく全員が参加し、様々な組み合わせで行われたこの戦術練習では、自分たちがボールを保持できた場合も、相手に保持されて自陣で奪うところからカウンターをしかける場合も設定されて、連係が磨かれていた。

(残り 1128文字/全文: 1432文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ