【サッカー人気5位】【J2箱推し宣言!】元悦放談:魔境J2…

仙蹴塵記

明治安田生命J1リーグ第9節・横浜FM戦。構えて守るときと前に奪いにいくときの塩梅はどのようなものか

6連敗の状況で、6戦負けなしの相手を迎える。だが、厳しい状況だからなんだというのか。ベガルタ仙台に勝利が必要なことに変わりはない。

相手の横浜FMが強敵である所以は、個人能力が高い選手が多いこと以上に、その洗練されたスタイルにある。複雑なポジションチェンジのもとで攻守それぞれの配置をとり、その位置は全体に高めで攻撃性を表現。プレッシャーをかける位置も高めだ。ただし、今季はある程度構えて守るかたちも的確に使い分け、1-0の最少得点差で逃げ切ることもしばしば。試合運びが柔軟になっている。

(残り 890文字/全文: 1133文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ