【サッカー人気1位】【J2箱推し宣言!】元悦放談:魔境J2…

仙蹴塵記

【この瞬間から】明治安田生命J1リーグ第10節 横浜FC戦 90+1分

今回は、土壇場での同点ゴールの場面を振り返る。CKからつないで最終的に吉野恭平が押しこんだこの点は、多くの選手が関わって生まれたものだった。

この一戦は下位同士の対決で、どちらにとっても勝利が義務づけられた戦い。長いシーズンでは序盤戦のことであっても、勝負の当事者同士にかかるプレッシャーは外野の想像を遥かに超えるものだ。序盤から組み立てでのミスが両者に頻発したことからも、それがうかがえる。試合翌日18日の練習を前に、手倉森誠監督はチームとともに「かかるプレッシャーはあったが、良く言えば慎重に入って、悪く言えば『これくらいでいいのか』という入り方をしてしまった」と、前日の試合を振り返って反省点を洗い出したという。

(残り 1042文字/全文: 1378文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ