【サッカー人気4位】右サイドバックを争う選手が見せてくれた…

仙蹴塵記

明治安田生命J1リーグ第20節 川崎F戦・第一報 中原彰吾とマルティノスの仙台加入後初ゴールで二度追いつき、2-2で勝点1獲得

ACLの日程決定の影響で、明治安田生命J1リーグ第20節がこのタイミングで組まれた。仙台は前節から中二日、次節も中二日ということもあり、先発メンバーを第13節から8人入れ替え。ヤクブ・スウォビィク、蜂須賀孝治、加藤千尋が連続して先発した。ゲームキャプテンは蜂須賀が務めた。

(残り 1221文字/全文: 1357文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ