【サッカー人気3位】【代表通信】元川悦子に聞く、U−22カ…

仙蹴塵記

JリーグYBCルヴァンカップグループステージ第6節 広島戦・第一報 今季最多3得点で快勝。突破ならずも逆転でグループD3位で今大会終える

今季のJリーグYBCルヴァンカップでのベガルタ仙台は残念ながらグループステージ前節までの結果をもって敗退が決まってしまったが、最終第6節はホームで行われる以上、意地を見せなければならない。勝利を託された先発メンバーの多くは、第5節の清水戦で悔しい思いをした面々だった。GKでは、ストイシッチが加入後初出場を先発で記録。ベンチには、2種登録選手の淀川盛珠と加藤壱盛が入った。ゲームキャプテンは蜂須賀孝治が務めた。

(残り 1140文字/全文: 1345文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ