【サッカー人気2位】先制点で重要な「そこに立っていた選手」…

仙蹴塵記

【選手の声から】関口訓充選手「一つひとつの部分の、自分たちの隙、詰めの甘さが90分を通して試合に出た」真瀬拓海選手「最後のところで決める質がなくて、今までの課題が出た試合になってしまった」

MF 7 関口訓充選手

「『1点が遠かったゲーム』と言われればそうかもしれませんが、その1点を取るためにどういうかたちを作ってどう取りに行くかというところで、もうちょっとチームとして勢いを持ってやっていかなければいけないし、G大阪はこういう連戦でずっとこういうかちかたをしているので、向こうの戦い方にはまってしまったのかと思います」

(残り 1191文字/全文: 1354文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ