【サッカー人気4位】【山雅探報】これからの松本山雅を本気で…

仙蹴塵記

【次戦への準備から】明治安田生命J1リーグ第32節・大分戦。クロスには誰が最後に触るのか

「この厳しい、熾烈な残留争いに対し、しっかりとしたパワーを出せるかが大事。逆にそういったプレッシャーに押しつぶされているようでは、勿体ない結果を招きかねない。そこに対して、いかに毎試合毎試合全力を注げるか」。手倉森誠監督は残り7試合となった明治安田生命J1リーグ戦で、ベガルタ仙台が力をいかんなく発揮することの大切さを説く。ナーバスになりやすく、思わぬミスも発生しやすい状況下で、プレッシャーを跳ね返せるか。前節の結果19位に順位を下げたチームの心身の強さが問われる中で、指揮官は「自分たちはもう失うものはないということに対して、そういったものの力を出せるメンタリティー、雰囲気を作っていければ」とこの中断期間の練習を進めてきた。

(残り 959文字/全文: 1274文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ