【サッカー人気5位】【山雅探報】これからの松本山雅を本気で…

仙蹴塵記

【選手の声から】関口訓充選手「シュートを打てる場所にいられたので、多少のずれにも反応できたことが一番のポイントだった」氣田亮真選手「ちょっとタイミングを変えようと思って、うまく相手の重心を外して打てた」

MF 7 関口訓充選手

Q: 今季初ゴールは貴重な先制点になりました。

「多分(富樫)敬真は僕に落としたのではないと思うのですが、シュートを打てる場所に僕はいられたので、多少のずれにも反応できたことが一番のポイントだったと思います。そのなかで、ああやって巻くシュートには自信を持っていたので、自然体のままで打つことができたのは良かったと思います」

(残り 1389文字/全文: 1557文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ