【サッカー人気5位】西川周作が新たなムードメーカーに新加入…

仙蹴塵記

明治安田生命J1リーグ第34節 神戸戦・第一報 数的不利になっても2-2まで追いつくが、後半突き放され2-4で敗戦

ベガルタ仙台は勝利した前節・広島戦から10日間の準備期間を経て、この明治安田生命J1リーグ第34節・神戸戦からの連戦に臨む。この神戸戦では、前節から先発メンバーを1人変更した。週中の練習で負傷した松下佳貴に代わり、上原力也が先発出場。ゲームキャプテンは関口訓充が務めた。仙台は前節に続き、リミテッドユニフォームを着用した。

試合は神戸ペースで始まった。仙台としては粘り強く対処したいところだったが、自陣右サイド深い位置でFKを与えてしまう。3分、このFKからのボールを武藤嘉紀に頭で決められ、先制点を許してしまった。

早々の失点は痛かったが、仙台は慌てず反撃。6分、左サイド遠目でFKを獲得すると、その二次攻撃から石原崇兆がクロス。走りこんだ真瀬拓海が確実に決めて今季2点目。仙台が1-1に追いついた。

神戸がボールを保持して攻め、仙台が守ってカウンターを狙う展開が続く。そのなかで仙台は、28分に富樫敬真の戻したボールを上原がミドルシュートに持ち込んだが、これは枠を外れた。右サイドを攻め立てられながら粘っていた仙台だが、35分、逆の左サイドを破られる。ドウグラスに豪快なボレーシュートを決められ、再び勝ち越された。

1-2とされた仙台は、44分にさらに苦しい事態に見舞われる。アピアタウィア久が相手のカウンターを阻止した際にこの日二度目の警告を受け、退場となった。10人となった仙台は、直後の相手FKからのピンチを何とかしのぐ。仙台は1-2で前半を終えた。

手倉森誠監督ハーフタイムコメント
・よりコンパクトに、相手に勢いを与える失点をしない。辛抱強くプレーすること。

仙台は後半を前に、赤﨑秀平から福森直也に交代。一人少ない苦しい状況だったが、石原が粘ってCKを獲得。52分にその流れから関口がミドルシュートを放ち、これは跳ね返ったものの加藤千尋が詰めてゴール。 VARのチェックはあったが無事ゴールは認められ、加藤千の今季3点目で仙台が2-2に追いついた。

60分、仙台は2選手を交代。加藤千と富樫から、西村拓真とフェリペ・カルドーゾに代えた。しかしこの直後、自陣ゴール前の混戦でボールをクリアしきれず、投入されたばかりの山口蛍にミドルシュートを決められた。仙台は2-3と再び追いかける立場になった。

65分、仙台は真瀬がボールを運び、ラストパスに関口が詰めた。しかしこれは浮いてしまった。70分、仙台はバックパスをさらわれ、カウンターを浴びる。これをリンコンに決められ、2-4と点差を広げられてしまった。

71分に仙台は関口から蜂須賀孝治に交代。78分には富田からフォギーニョに交代した。82分、フォギーニョの浮き球パスに吉野恭平が合わせたが、これはGK飯倉大樹の正面だった。仙台は10人でも追いつくべく、クロスボールを中心に打開をはかったが、2-4でタイムアップ。連勝はならず、厳しい状況は続く。

手倉森誠監督は試合後、10人になったあとの戦いについて「しかけを見せてできていたが、自陣で奪い返されて2失点しきつくなった」と反省。その一方で、「数的不利でも90分間、ひとつずつ返す姿勢で最後までやってくれた。残り4試合もこの姿勢で」を前を向いた。

reported by 板垣晴朗

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ