【サッカー人気4位】馬渡和彰らがミニゲームで爽快なゴール!…

仙蹴塵記

【次戦への準備から】明治安田生命J1第37節・福岡戦。+αとなるアクションとはどのようなものか

まだ、練習場の雰囲気は重たい。確かにチームは目の前の試合に向けて細かいメニューを精力的にこなし、キビキビした指示の声が原崎政人新監督やコーチングスタッフ、勿論選手同士でも飛んでいる。シュート練習でファインゴールが生まれ、けがから戻ってきたエマヌエル・オッティは久々の全体練習を満喫するかのように豪快なゴールを連発していた。だがそうした活気を出してもまだ足りないような、まだ吹っ切れていない表情が選手とスタッフには見られる。

(残り 1306文字/全文: 1517文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ