【サッカー人気1位】これは成功体験か、失敗体験か カップ戦…

仙蹴塵記

【練習場から】角田誠アシスタントコーチの再出発

原崎政人監督は2022シーズンのベガルタ仙台コーチングスタッフについて、オンラインでの面談などを経て「チームの和をすごく大事にしてくれるスタッフが揃っていると感じたので、チームみんなで雰囲気良く持っていければ、間違いなく選手の力を出せると思っています」と信頼を寄せる。

その2022シーズンのコーチ陣には、所謂ヘッドコーチという肩書きのスタッフはいない。自身が昨季のヘッドコーチを務め、最後の2試合は監督となった原崎監督は、その昨季終盤を引き継ぐかたちにして、ヘッドコーチを置かないことにしたという。「残ってくれたコーチである吉田(賢太郎コーチ)と村上(和弘コーチ)、分析の貝﨑(圭祐コーチ)がいて、(昨季の)残り2試合の立ち位置のままやらせてもらいました。ヘッドコーチというかたちがないままに、分担というか、みんなでやっていく感じです」。そのコーチングスタッフには、新たに大神友明GKコーチと松本純一フィジカルコーチとともに、仙台サポーターにとっては懐かしい顔……角田誠アシスタントコーチ(写真中央)が加わった。

(残り 820文字/全文: 1276文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ