仙蹴塵記

【次戦への準備から】明治安田生命J2第22節・横浜FC戦。後半戦の+αは、どこから誰からもたらされるか

ベガルタ仙台は明治安田生命J2第21節・徳島戦で、先発メンバーを前節から6人も入れ替えて戦った。けがから復帰した選手もいれば、新たに調子を上げてきた選手もいる。理由はそれぞれあるとはいえ、大胆な変更だった。今季のリーグ前半戦では最後の試合で思い切った選択をしたことについて、原崎政人監督は「トレーニングを見て、相手を分析して、相手に効く組み合わせを選んだ結果。前の試合に出てこの試合に出ていないから駄目だ、とは思っていません。『流れを変えたい』というよりは徳島さんに対してこのメンバーがいいかなと思って準備しました」とあらためて説明する。

(残り 1203文字/全文: 1472文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ