仙蹴塵記

【選手の声から】中山仁斗選手「最後に追いつくことはできましたけれども、やはり勝ちたかったですね」+内田裕斗、名倉巧、真瀬拓海

FW 9 中山仁斗選手

「ダービーで、山形さんもパワーを持って(試合に)入ってくるのはわかっていたのですけれども、先制を許してしまい、チャンスもあったのですけど決めることができず、最後に追いつくことはできましたけれども、やはり勝ちたかったですね」

Q:追いかける展開の苦しさはありましたか?

「チャンスがなかったわけではないので、1点を取れたら逆転できると思っていました。最後までビッグチャンスがあったので、それを決めていたら、というところでした。でも、勝ちきる力をつけないと、と思います」

Q:得点場面を振り返ると?

「ミナ(皆川佑介)が中でしっかり合わせてくれて、そのこぼれ球を押しこんだだけですけれども、僕の得点というより、それまでの流れも良かったですし、チームのゴールということだと思います」

(残り 1176文字/全文: 1519文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ