『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

縦に紡ぎし湘南の

【大宮vs湘南】高山薫選手、島村毅選手のコメント(1/3)

■第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝
12月24日(土)大宮 4-2 湘南(16:00KICK OFF/NACK/10,297人)
得点者:32’泉澤仁(大宮)70′ 菊地俊介(湘南)93’藤田祥史(湘南)111′ 菊地光将(大宮)118分 菊地光将(大宮)120分 菊地光将(大宮)
—————
●高山薫選手
前半はすごく難しい試合でしたが、1失点で終えて、後半行けるという形でみんな後半からリズムを掴めていた。ナラくん(奈良輪雄太)が退場してしまったけど、それでもみんなで2点取って、勝利にこだわれたことはよかったと思います。でもいまのメンバーでやれるのは最後の試合になってしまったので、その意味ではほんとに悔しいです。(10人になってから逆転したが)10人になっても諦めない気持ちがあったから得点に繋がったと思うし、俊(菊地俊介)もすごくいいゴールを決めてくれて、あれがあってヨシさん(藤田祥史)もたぶん点を取ってやるという気持ちがより入ってくれたと思うし、ほんとに今日は、ほんとチームのためにみんなが頑張れたと思います。(延長に入って再度逆転されたが)そこは悔しいです。次の試合にも行きたかったので、延長でPKでも絶対勝つという気持ちでやっていたので、悔しいです。みんな進路がどうなるか分からないなかで、このメンバーでやるのが最後になってしまった。負けてしまったけど、みんなで団結して戦えたことはよかったと思います。

●島村毅選手
10人になってしまい不運なところはありましたけど、それでも空気感というか、みんな諦めずに戦ったらチャンスは来ると思っていたし、実際追いついて逆転まで行けた。あとは守り切るぞというところで失点したが、チームとしてもクラブとしても、素晴らしい一体感があった。サポーターがつくり出してくれる空気がほんとに素晴らしくて、奮い立たせられた。素晴らしい環境でできていい経験をしたなと思うし、それだけに勝ちたかったです。これで終わってしまうんですけど、来季に繋がる戦いができたと思いますし、気持ちの入ったいいゲームだったと思うので、こういう試合を来年毎試合できるように、来季に繋げていきたいです。(不利な状況になっても)勝てると思ってましたし、みんな割り切るところは割り切ってましたし、我慢していれば絶対ワンチャンス来ると思っていた。そこの意思統一もできていたし、みんなで集まって話したりして、同じ方向をみんなで見られたかなと感じました。最高にいいチームでした。

reported by 隈元大吾

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ