『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

縦に紡ぎし湘南の

【大宮vs湘南】梶川裕嗣選手、藤田祥史選手のコメント(2/3)

■第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝
12月24日(土)大宮 4-2 湘南(16:00KICK OFF/NACK/10,297人)
得点者:32’泉澤仁(大宮)70′ 菊地俊介(湘南)93’藤田祥史(湘南)111′ 菊地光将(大宮)118分 菊地光将(大宮)120分 菊地光将(大宮)
—————
●梶川裕嗣選手
(ビッグセーブも多かったが)みんなが頑張ってくれていたので、自分も負けずにチームを助けるようなプレーをしたかったが、自作自演みたいなところもありました。体に当たった感じで、そんなに止めた印象はないです。前半ちょっとみんなのなかでかみ合わない部分はありましたが、前半1点で抑えられたのはよかった。後半は割り切ってやろうという感じで出て、僕自身としては2失点目をしないように心掛けてずっとやっていた。いいかたちで延長まで行ったが、僕の力及ばずというか、僕のキックミスから失点してしまった。やはりJ1のチームは、勝負事はそういう1本のミスでやられてしまうので、次に活かしたいです。いいチームだったので、すごく寂しいです。

●藤田祥史選手
(盛り上がる逆転ゴールだったが)盛り上げただけでヒーローになれず。ヒーローになりたかった。みんな頑張っていたし、10人やけど一発狙っていた。その意味では狙ってたとおりにはなったが、ヒーローになり切れなかった。なかなかそういう勝負どころで、勝負強さが今年1年なかったので、それは来季の課題だと思います。

reported by 隈元大吾

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ