縦に紡ぎし湘南の

【天皇杯3回戦:湘南vs長崎】プレビュー:再開のピッチは大切な試金石

■第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦
7月11日(水)湘南vs長崎(19:00KICK OFF/BMWス)
———–
およそ1カ月にわたる中断期間、湘南はフィジカルを追い込み、プレーのディテールを突き詰め、コミュニケーションを深めてきた。それらはすべて「ゲームに勝つために」という言葉に収斂される。

チームの取り組みは、福島キャンプの際に語られた菊地俊介の言葉にも辿ることができる。
「得点を取るためにチームとしてどういう動きをするか、お互いを見てプレーすることなどを意識している。細かいところもすべてゲームに勝つためにやっています」

(残り 923文字/全文: 1196文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ