縦に紡ぎし湘南の

【天皇杯3回戦:湘南vs長崎】石川俊輝選手、島村毅選手、表原玄太選手のコメント

■第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦
7月11日(水)湘南1-1(PK4-3)長崎(19:00KICK OFF/BMWス/2,080人)
得点者:95’ 鈴木武蔵(長崎)120+1′ 表原玄太(湘南)
———–
●石川俊輝選手
ポジションがどこであろうと、まずは自分らしさを――しっかり繋ぐことや相手のパスを読んで取りに行くことなどを変えてはいけないなと思って臨みました。狙える状況がボランチとはまた変わるので、一発で狙うわけにはいかない部分の調整はしっかりしなければいけない。

(残り 1286文字/全文: 1529文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ