【サッカー人気2位】旅の途中、それが積み重ねの一部なのか予…

縦に紡ぎし湘南の

【湘南vs浦和】石川俊輝選手、梅崎司選手のコメント(1/2)

■2018明治安田生命J1リーグ第33節
11月24日(土)湘南 2-1 浦和(14:03KICK OFF/BMWス/14,711人)
得点者:20’梅崎司(湘南)56’菊地俊介(湘南)77’興梠慎三(浦和)
———–
●石川俊輝選手
まずは勝てたことがいちばんかなと、今日の試合に関しては勝つことだけを考えていたので。そういった部分ではよかったかなと思います。
浦和さんは力がありますし、最初から積極的に前がかりに来ていたので、ちょっと後手を踏んでしまった部分もあった。でもずっと攻められっぱなしで構えるだけではなく、チームとして裏返して点を取ろうという考えもありました。そういった部分ではフォーメーションどうこうではなく一人ひとりのこの試合に対する想いが表れたのではないかなと思います。
僕自身は、降格を経験し、それがどれだけつらいものか分かっているつもりですし、気負ってなにもできないほうがチームのためにならないと思って臨みました。

(残り 826文字/全文: 1242文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ