監督・永井秀樹は稀代のロマンチストかリアリスティックな戦術家か(J論)

縦に紡ぎし湘南の

【コラム】芯の太さとベルマーレの財産

古林将太の鋭いアーリークロスがゴール前の勝負を生み出し、あるいは野田隆之介のループシュートのこぼれに松田天馬がすかさず詰める。山根視来が左サイドを持ち上がり、アタッキングサードに進出してチャンスメイクする場面もあった。たとえばそんなふうに彼らは序盤から攻勢を呼び込んだ。

(残り 1851文字/全文: 1986文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック