【サッカー人気1位】優位な状況から苦戦した試合、伸びしろは…

縦に紡ぎし湘南の

【コトノハ】古林将太「どんな立場でもしっかりと」

スコアレスドローで決した前節、神戸が後半なかばにアユブマシカを投入して攻勢を強めるなかで、古林将太はピッチに立った。

「攻撃で主導権を握りたいと思って入った」胸中をひもとく。
「相手のFWにスピードのある選手が入ってきて、流れを若干持っていかれていたので、攻撃のリズムを取り戻すことと得点を意識した。守備では絞って真ん中で抑えながら、いいタイミングで前に出ていくことを意識しました」

(残り 1256文字/全文: 1445文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ