【サッカー人気1位】【浦和を語ろう 特別編】元川悦子だから…

縦に紡ぎし湘南の

【G大阪vs湘南】プレビュー:「大一番」ではない――指揮官がフォーカスしたこと

■明治安田生命J1リーグ第38節
12月4日(土)G大阪vs湘南(14:00KICK OFF/パナスタ)
———–
9月の試合だからそう遠い記憶ではない。天皇杯4回戦、G大阪とアウェイで対戦したベルマーレは、開始早々の失点に始まり、前半だけで3失点を喫した。後半に入ってもなお追加点を許し、柴田壮介の弾丸ミドルで1点を返したものの、1-4で敗れたのだった。

試合後、山口智監督は自省も込めて一戦を振り返った。
「ロングボールを入れられ、セカンドも拾えない状況が続き、今度はボールに行く意識が強すぎて前に立っていないシーンが多かった。ボールに対するポジショニングがよくなかったことは反省点ですし、それを修正しきれなかった自分に対しても少し難しかった」

(残り 1049文字/全文: 1374文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ