縦に紡ぎし湘南の

【コトノハ】石原広教「どれだけ自分たちが前に行けるか」

ここ数試合感じていることがあるという。「相手が自分たちを研究していることが守備をしていてすごく分かる。ウイングバックの僕や(高橋)諒くんからプレスを受けない立ち位置を取るとか、数的優位をつくり、前に行けないようなポジショニングを取ってきている」石原広教はそう指摘する。

(残り 1367文字/全文: 1501文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ