SIGMACLUBweb

森崎和幸物語 第2章

 

 クラブ初の高校生Jリーガーであり、クラブ初の高校生天皇杯決勝戦出場を果たした若者は、その翌年(2000年)にはやはりクラブ初のJリーグ新人王も獲得。U-19日本代表の主力として出場したアジアユース(現AFC U-19選手権)では、準決勝の対中国戦で見事なミドルシュートを叩き込み、ワールドユース(現U-20ワールドカップ)出場を決めた。森崎和幸のJリーガーとしての人生は、これ以上ないほど、順調そのもののスタートとなった。

2001年、ヴァレリー監督のもとで攻撃性と運動量を磨いたカズは、ワールドユースにも当然のように出場。グループリーグ突破はならなかったが、第3戦のチェコ戦でGKベトル・チェフ(後のチェコ代表の守護神で、現在はアーセナルでプレーする世界的なGK)を唖然とさせる美しいミドルシュートを決めて勝利に貢献。2004年のアテネ五輪に向けてのチームでも、カズを中心に構成されると思われた。

(残り 4055文字/全文: 4458文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3 4
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ