Jサポフリーペーパー文化。君は『アディショナルタイムズ』を読んだか?(J論)

SIGMACLUBweb

SANFRECCE NEWS/サテライトリーグで若者たちが健闘(無料)

 

■サテライトリーグで清水のトップチームを相手に若者たちが躍動

昨日、14:30から吉田サッカー公園で行われたサテライトリーグ対清水戦は、相手が鄭手世やチアゴ・アウベスなどリーグ戦でのレギュラーを張っている選手を起用してきたのに対し、広島は若手中心。その彼らが素晴らしい躍動と可能性を見せた。シュート数でもチャンスの質・量でも上回り、勝利できる内容ではあった。ただ、それでも負けたことは現実。「よくやった」から「勝った」の間には深い川が横たわっていることも確かである。そこを乗り切り、渡りきって、次への希望を見つけたい。

森保監督選手のコメントや試合内容については、TSSサンフレッチェ広島公式モバイルサイトへ。

 

■広島ユース、クラブユース選手権で岡山U-18に6-1で勝利。

ユース年代にとって「夏の本場所」と言える日本クラブユース選手権に出場するチームを決める中国地域予選決勝リーグが開催中。初戦でレノファ山口U-18を3-2で下した広島ユースは10日、政田サッカー場でファジアーノ岡山U-18と対戦。6-1で2連勝を飾った。これで勝点6。順位は以下のとおり。

1.広島 勝点6 得失点差+6
2.鳥取 勝点3 得失点差+5
3.山口 勝点3 得失点差0
4.岡山 勝点0 得失点差+11

7月23日から関東で行われる全国大会には、中国地域から2チームが出場。17日に行われる最終節で、広島か鳥取に敗れ、山口が岡山に勝つと3チームが勝点6で並び、得失点差の勝負になる。例えば広島が鳥取に0-3で敗れ、山口が岡山に4-0で勝利すれば逆転されてしまうわけで、まだまだ予断は許さない。引き分け以上であれば文句なしの出場決定になるが、鳥取U-18は強い。油断は命取りになる。

 

 

※選手の移籍等の情報については、公式媒体のWEBマガジンという性格もあり、確定情報のみ、掲載してまいります。ご了承ください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック