【サッカー人気3位】時崎悠監督「この敗戦は非常に痛いです。…

SIGMACLUBweb

浦和戦逆転負け、サテライトで工藤壮人がハットトリック/SANFRECCE NEWS

■0-2から逆転するも、残り5分で力尽く。

昨日、埼玉スタジアムで行われたJ1第17節、対浦和戦。前半終了間際、柏木陽介の縦パスに裏抜けされてしまい、興梠慎三に決められて先制。さらに武藤雄樹のゴールも決まって2点差。だが後半、森島司の絶妙なワンタッチパスから皆川佑介が1点差に迫ると、柏好文の突破からアンデルソン・ロペスの2得点につながり逆転。だが、立ち上がりから全力をつくしていた選手たちの足が次々とつり、動かなくなってしまったところで2失点、痛恨の再逆転を許してしまった。

監督・選手・試合レビューはTSSサンフレッチェ広島公式モバイルサイトへ。

 

■湘南とのサテライトリーグで工藤壮人がハットトリック!4-2で勝利。

クラブリリースによれば、本日12時より湘南ベルマーレとのサテライトリーグに臨んだサンフレッチェ広島は、4-2で勝利。26分・28分と工藤壮人が連続弾。60分、交代出場の表原玄大に得点を許すも、その2分後にまたも工藤が決めてハットトリックを達成した。83分、やはり途中出場の早坂翼に決められてしまうが、86分には前日に行われた高円宮杯・対福岡U-18戦でゴール決めている仙波大志がトドメの一発。4-2で勝利した。

サテライト相手とはいえ見せつけた工藤の大爆発を、どう評価するか。また工藤自身がどう次につなげるか。そこが非常に楽しみである。

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ