SIGMACLUBweb

【2018年紫熊の勇士】渡大生/あしたのテツ

なかなかのワイルドっぷりが現れた新入団会見だった。

同じ徳島から移籍してきた馬渡和彰に質問者が「渡大生選手にとって」と話を振った時、馬渡は笑いながら「すごく癖のある選手なので(苦笑)、いろいろと話しますけど難しい(笑)」と語る。このコメントもまた特殊だと思ったが、その時の渡の表情を見て、さらに驚いた。

まったく、笑っていないのだ。

普通。自分のことをチームメイトが語っている時は、少しは笑ってみせるもの。だが、表情一つ変えず、厳しいままだった。こちらが馬渡との関係性を気にするほどの雰囲気。その後のトレーニングで笑顔で馬渡と言葉をかわしている姿を見てほっとしたものだが、それにしても。だ。

吐き出す言葉も、まるで挑みかかるかのごとく、鋭い目で鋭い言葉を連発する。

(残り 2230文字/全文: 2559文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ