SIGMACLUBweb

【2018年紫熊の勇士】森島司/14番ならリスクを負え

14番以外なら、いらない。

いつも曖昧模糊とした答え方をしている森島司が、背番号だけは明確に言い切った。

7番でも8番でも10番でもなく、14番を。

こだわっていた理由は、愛着である。森島司は少年の頃から、14番を背負っていた。自分の番号だと信じてきた。だからこのチームでも14番がほしい。それは理屈ではない。

「もっと若い番号が欲しくない?」

年末、彼に問うた。

「どういうことですか?」

「いや、29番もいいんだけど、一桁とか10番台とか、欲しいんじゃないかなと思って」

「ミカがいいって言ってくれるのなら、14番が欲しいです。そうじゃないんだったら、29のままがいい」

(残り 1766文字/全文: 2045文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ