『俺のやることが山雅の伝統になってくれたら嬉しい』田中隼磨がJ1残留に向けて示す覚悟とは(J論)

SIGMACLUBweb

【2018紫熊の勇士】野上結貴/自分の場所を確保せよ

成長を感じたのは、ルヴァンカップ第2節・名古屋戦での彼の振るまいだ。

ほぼ完璧なゲーム運びを見せていたこの試合での広島が、唯一乱れたのは失点シーン前後だ。たった3本のパスで背中をとられ、崩されての失点。それまで機能していた守備の連動性が失われ、甘くなったところをつかれた。疲労もあったのだろうが、むしろ油断といっていいだろう。最終ラインにルーキー・川村拓夢が入っていたことは、大きな要因ではない。確かに本来のポジションではなかったが、彼は最終ラインもトレーニングしていた。スルーパスへの反応が遅れたことは事実だが、それ以前に全くのフリーでスルーパスを出させたこと、ティーラシンが潰された後のカバーリングも含め、チームとしての問題を露呈したシーンである。

ここで城福浩監督は、野上結貴を起用。渡大生をベンチに下げ、川村をボランチにあげて、森島司をサイドハーフに置いた。この場面、たとえば稲垣祥をボランチに起用して中盤を活性化させる手段もある。しかし、指揮官は最終ラインの補強に動いた。野上結貴の能力を信頼してのことだ。

(残り 2471文字/全文: 2927文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック