SIGMACLUBweb

「皆さんにはどうして勝てるのか、わからないと思う。でも、僕らはわかっている」

「広島がなぜ強いのか、わかりづらい」という意図の記事を見た。初めてではない。たとえばある記者は「運がいい」と語った。こういうサッカーで勝てるんだと、少し嫌みを込めた言い方をされたこともある。どうして勝てるのか不思議ですと言われたこともある。だが、広島が勝てる理由をしっかりと説明してくれた記事を読んだことはまだないし、そういうことを指し示した人もいない。

記者たちにとっては「ボールを圧倒的に支配して勝つ=川崎Fタイプ」か「堅守速攻=かつての甲府タイプ」、さらに以前の新潟のような「圧倒的なプレッシングサッカー」など、「特長のあるサッカーだから勝てる」とみたいのである。それは筆者も含めて、記者の習性といっていい。だけど広島のサッカーは、そういう際だった特長はない。あるとすればパトリックと林卓人だが、いくらなんでもこの2人がいるから勝てるなんて、そういうことは書きたくない。14試合で勝点37、失点6。2005年の18チーム制導入後、これほどの実績を出したチームはないからこそ、その秘密を書きたい。だが、しっかりとした根拠を持って書くことができない。

(残り 2924文字/全文: 3399文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ