SIGMACLUBweb

【2019年のスケジュール】南米選手権の日程問題

佐々木翔のコンディションがよれけば、また日本代表に絡んでいけるはず。ただ、南米選手権への招集となると話は簡単ではない。

 

大迫勇也選手が所属するブレーメンが、今年の南米選手権に参加する日本代表に対する召集を拒否

そんなニュースが飛びこんできた。

南米選手権は日本にとっては大陸が違うため、アジアカップのような拘束権はなく、対応はクラブ毎にってで決まる。そのため、どうやって選手を招集してチーム構成するかは、大きな課題となっていた。関塚隆日本サッカー協会技術委員長は「今後も協議していく」という談話を協会広報を通して残しているが、大迫の日本代表招集が実現するかどうかは微妙だろう。

そしてこの大会は、Jリーグにとっても大きな問題となる。南米選手権は6月14日から7月7日にかけてブラジルで行われるが、この間のJリーグは普通に開催される。大会期間中にJリーグは3試合、ACLのラウンド16も行われることになる。たとえば広島でいえば、湘南戦・鹿島戦・C大阪戦が対象だ。そこにACLのラウンド16が入ってくれば重要な公式戦で5試合、選手を供出する可能性もある。代表からすれば、大会のための準備という前提で5月下旬から拘束したいという意向もあるかもしれない。クラブ側からすれば、なかなか受け入れることが難しくなる。

(残り 1218文字/全文: 1840文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック