『サッカーパック』39メディアが1550円で読み放題

SIGMACLUBweb

【第2節磐田戦】川辺駿/自信

 

試合後、ハッキリと「勝てた試合でした」と語ったのは川辺駿だけだった。

攻撃で広島がビッグチャンスをつくったといえば「後半、エミル・サロモンソンからのクロスがゴール前を横切ったシーンくらいしか、記憶にない。勝点2を失ったのは、我々の方だ」と名波浩監督(磐田)が言い切ったように、名手・カミンスキーをゴール前で慌てさせるようなシーンは、ほとんどなかったと言っていい。だが、川辺は「勝てた」と言い切った。

その根拠は安定した守備にある。

「カウンターは常に怖かったけれど、それ以外で組織として守備を崩されてはいない。あとは、いかに自分たちが点をとるか。そのための1点だけ。守備は安定しているし、そこを疎かにせず、いい攻撃を表現すればいい」

穏やかな表情をしているが、川辺駿は思ったことをはっきりと口にするタイプで、そこに忖度などは存在しない。いい悪いを明確にするし、それは結果だけにフォーカスしない。そういうところは、実にカズに似ている。

川辺の自信の根拠は、プレシーズンから積み上げてきた攻撃の主体性にある。

(残り 1744文字/全文: 2197文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック