『サッカーパック』39メディアが1550円で読み放題

SIGMACLUBweb

【日々、紫熊倶楽部】25年間の日々

モノを書くとは因果な仕事で、自分の人生を時に赤裸々に告白したくなる時がある。

いつもは取材対象、筆者でいえばサッカーに関わる人々ではあるのだが、人の人生や思考、情熱や未来への話を聞き、それを文字に起こす時、どうしても自分自身の中に投影する作業が、自分の中では必要となる。それがずっと、仕事として続く。人の話を聞き、落とし込み、そこを見つめて、文字にする。その繰り返しの中で、時にやりきれなくなる。

いったい、自分の人生とは、何なのか。

人のことを伝える。それが仕事。

では、自分は?

自分という存在は、何なのか?

学生時代に内省型の若者がよく自分に突き付ける質問。

かつて三田誠広という作家が書いた本の題名。

僕って何?

青臭い問題提起を常に自分自身に突き付けてきた。それはサッカーをテーマにした記事を書き始めた1995年から25年間の歳月を過ごす中で、ずっと、ずっと消えることはなかった。

(残り 989文字/全文: 1375文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック