今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

SIGMACLUBweb

【ACL大邱戦に向けて】ストライカーを活かせ

FC東京戦の敗戦は、広島の「現在の場所」を捉えるのに最適の物差しとなった。

打たれたシュートのも3本、打ったシュートも3本。決定的なチャンスもピンチも少ないが、試合運びはFC東京の方が1枚上手。

つまり、広島の守備は間違いなく強固だが、攻撃はFC東京のような組織だった守備網を破るのはまだまだ。そして経験が足りないことによって、FC東京のプランどおりに試合は進んでしまった。

それも全て、広島の現在地である。昨年から継続している守備は、さすがのレベル。たとえメンバーが変わったとしても継続できていることは、明確に指揮官の力量である。しかし一方で、攻撃はまだまだ。昨年とは違う方法論をたて、サイドハーフを中心にボールを主体的に回して組み立てる。しかし、組み立てた後のフィニッシュワークに鋭さやアイディアが不足していることは否めない。だから堅守を誇るチームを相手にしては、なかなか打開策を見出しにくいのが現実だ。

さらに、若者たちがその攻撃の主軸になっていることもあり、試合運びの部分でも真っ正直だ。FC東京の高萩洋次郎のように、試合の展開によって位置を自在に変化させ、リズムを変えるまでには至っていない。こういうプレーは、能力だけでなく経験値という大きなエネルギーが必要だ。若い頃の高萩は「リズム変化」を司るとていうよりも、とにかくアイディアをし発揮したいという過激な若者。だが経験を重ねることで、過激さと慎重さがいいバランスで融合するようになった。広島の若者たちも、これからである。

(残り 1922文字/全文: 2559文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック